春の写真たち。

「世の中に 絶えて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」

この時期になると、必ず見かける在原業平の和歌。

「桜の咲くのを待ちわび、散るのを惜しんでしまう。桜がなかったら春をのどかな気持ちをで過ごせるのに。」といった意味。

 

この季節になると桜や梅の花を、カメラや携帯でパシャパシャとっている人を多く見かけます。

さびしい冬の時にはそんなに撮らないのに、

なんと現金な人達でしょう。(私も含めて。)

 

ということで、私が撮った春の写真をアップしたいと思います。

P1010327 ←↓大学構内の写真。梅。(3月上旬に撮ったので、とっくに梅は散りました)

P1010335_2   

P1010337_2 ←↓大学に行くまでに咲いていた花。(この紅いのも梅でしょうか?)↓はたぶん梅。

P1010394_2  

  ここからはすべて目黒川沿いの桜です。(3/27に行った時にほぼ満開だったので、今頃は少しづつ散っていることでしょう)

P1010420

 P1010429  

P1010428  

 P1010427_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遅めのメリークリスマス。

ひさしぶりの更新。

P1010118   

ここは、私の近所である、東京は小金井市武蔵小金井駅前の写真。

駅前広場が現在建設中とあって、たくさんのクレーンがそびえ立っております。

そんな工事建設中の場所の中に囲われる形で、1本ある巨大なクリスマスツリーがそびえ立っております。

P1010112_2  

 

本来は隠すもの(未完成。工事中の様子)と、完成された都市を華やかに飾るもの(イルミネーション)。

都市の裏と表をイッキに見させられた気分。

正反対なものが同居している光景は、

現代のクリスマスをせせら笑っているようであり、クレーンの方がキレイに見えさえします。

 

メリークリスマス!!

P1010114

| | コメント (0) | トラックバック (0)