テレビ ②

こんな記事を見つけました。

「好視聴率さえキープしていれば番組な続く」と教えられていたが、この不況下では、そうも言ってはいられないようだ。                9月17日東京新聞(夕刊、1面)

放送作家、水野宗徳のコラムの一文です。

↑のことは、テレビ朝日の深夜枠(0時以降)が9月をもってほぼ無くなることを受けて書かれたものですが、実に今のテレビ界(民放)の状況をしていると思います。

テレ朝深夜枠は独特の雰囲気で人気があり(私もその一人)、視聴率がよかったのですが、
収入が減ったために大幅な番組編成をして、
10月以降の深夜(平日)からは、制作費を抑えた生放送の情報番組が始まるそうです。

好視聴率なのに、番組打ち切り。
普通では考えられません。
このことは、今までの民放のあり方を否定しているような気がします。
つまり、CMと視聴率によって経営モデルが成り立っていた民放を否定していませんか?

「あの有名な雑誌モデルがプロデュースしたバックが買えます!!」
「あの名店の味が、自宅でお気軽に楽しめます!!」

最近の番組は、実に通販番組まがいのものが多いです。
普通のグルメ番組かと思いきや、「実は、今食べているものが買えるのです!!」
と、商品購入をあおる映像に切り替わります。
後、よくよく見ると、テレビ局傘下の通販会社が販売しています。
そして、商品を買うことは、テレビ局の収入にも直接繋がっていきます。
たぶん、10月からの新番組も通販もどき番組でしょう。

つまり、視聴率が良いとか、広告収入がどうこう言うのではなく、
いかにモノを売って会社に利益を生む方が大事になってきます。
それは「テレビ局」ではなく「企業」です。
限られたところしかできなく、仮にも「公共性」が求められるテレビ局が、企業になっていいものでしょうか?
極端な言い方をすれば、視聴率が悪くてもモノが売れていれば、テレビ局の経営も成り立つということになります。
視聴率が見ている人の数を正しく割り出しているのかは疑問がありますが、
それよりも今後テレビ局が視聴者をないがしろにしないか心配。

                               ~テレビ好きの一視聴者より~

<追記>

テレ朝の編成局長が、視聴率ではなく別の収入のありかたを考えているとばっちり語っていました。
http://mainichi.jp/enta/geinou/news/20090904mog00m200029000c.html?inb=rg

やっぱり、民放は終わったかも。
テレ朝、さっさと潰れちゃえ~!!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

テレビ。

テレビがつまらないって??

いやいや、まだまだ面白い番組はありますよ。

 

個人的に好きなのは、

「松嶋×町山 未公開映画を見るTV」 (東京MX、日曜23:00~24:00)

 

アメリカのドキュメント映画(マイケル・ムーアのような)で、日本未公開のものを見るTV。

アメリカ最大のウォルマートの闇にせまったものや、キリスト教原理主義の知られざるサマーキャンプに潜入取材したものや、禁欲主義のアーミッシュの生活に迫ったものなど。

そこから、現代資本主義の行き過ぎを見るか、単なるエンターテインメントとして見るか、アメリカ文化の自由さを見るか・・・

いろんなことが見えてくるTV。

 

例えば、↓とか。

  • 「SUPER HIGH ME」
  • マリファナを30日間吸い続けたらどうなるかを実験するドキュメンタリー。コメディアンのダグ・ベンソンは30日間マリファナを毎日吸い続けることで、自らの体を使ってマリファナの影響を調べる。                                番組HPより
  •  

    ノリピー、押尾の芸能界クスリ問題が起こる数ヶ月前に放送だったので、今考えるとけっこう意義があるTV。

    ダグ・ベンソンは、マリファナ芸人!!(マリファナを話題に漫談のようなものをする)だそうで、マリファナというものを体当たりでレポートしています。

    カリフォルニア州(だったような)では医師の診断でマリファナがもらえるということで、

    それを摘発しようと警察と、マリファナを権利としてデモをする人たちは興味深かった。

     

    そもそも、タバコやアルコールと何が違うのか?

    どうしてクスリはだめなのか?

    Pon001 (戦前はヒロポンなんて覚醒剤が普通にありましたそうで。)

    私個人として、

    まさか×2そういったクスリをやったこともないし、ましてやりたいとも思いませんが、

    「(法律で、社会が・・・)ダメだからダメに決まっているだろ!!」と完全に否定することでは、

    問題の本質を見ることはできないと思います。

    クスリをやっている彼らのことをちゃんと見て、それから議論すべきなような気がします。

    少なくとも、全国ネットのテレビの白々しい正義感あふれる報道からはなんの解決も生まないと思います。

     

    あれっ、やっぱり最近のテレビはつまんないかも。。

    海外の映画とは言っても、興味深いものをTVで流してくれるMX、がんばれ。(関東ローカル。)

     

    追記

    こちらに映像がありました。(字幕なし。アメリカンジョークはよく分からん。)

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    春です。

    前回から更新が大変滞っていました。

     

    さて、もう春です。

    実は、桜と梅の区別がはっきりとつかないタケダです。

    P1010319_2 ←これは、サクラ?ウメ?

    P1010325_2ウメでした。 真っ赤な色をしていると梅だとはっきりわかりますが、薄ピンク色の花だと遠くから見ても、桜との区別が難しいものです。 (そういえば、桃の花も似ているな)

     

    話は変わりまして、

    東京に来るまで、漠然と東京(関東、太平洋側)は、毎日、春のような陽気で穏やかな日ばかりだと思っていました。

    (実際は、雨も降れば、雪も降ります。)

    そういえば、私の実家(山形)のお向かいさんが、長年住み慣れた山形を離れ、神奈川県のマンションに引っ越した時に、

    「毎日晴れているんだよ。」と感激していたっけ。

    冬は雪と、厳しい環境の日本海側に住んでいる人にとって、

    どうも太平洋には憧れがあるような気がします。

    「晴れ」ということに妙な憧れを持っています。

     

    去年末、NHKBSでやっていた吉永小百合主演のドラマ「夢千代日記」(81年放送)にこんなセリフがありました。

    「表側に行こ、表側に行ったらええことがある。あの人がそう言うんで、あたしもなんかそんな積りになって、ついて行ったんです。・・・ほんと、むこう側は、冬も晴れとる。毎日、晴れとる。ああ、こんなにちがうのか思うて、なんかうれしかったです」

     

    このドラマは、山陰の寂れた温泉街を舞台に、そんな街で働く芸者たちの視点から裏日本(日本海側)で生きる人々の心情を描いています。

    先ほどのものは、そんな街から男と逃げ出した芸者市駒のセリフの一部。

    表日本(太平洋)に憧れる、裏日本(日本海側)の人の心情を、「毎日、晴れとる。」という言葉でうまく表現していると思います。

    しかし、東京から戻ってきた息子と旅館の女将が、経営難の旅館を大手の観光チェーンに売り渡すかどうか話す場面で、売り渡そうとする息子に向かって女将がこんなセリフを言います。

    「あなたは、冬になると、いつも口惜しがっていたよね、こっちは雪ばっかりなのに、表側はいつも晴れている。あたしも、そんなに思った時期もあったけど、今はそんなに思わないね、冬はさむくて雪が降る。そのほうが当り前じゃないかと思うよ。いつも晴れているほうが、おかしい、間違ってるんじゃないかねぇ」

    こう言って、女将は旅館を存続することを決めます。

    先ほどの市駒も、東京に行っても生活がうまくいかず、最終的には駆け落ちした男を殺してしまい、逃走。また、山陰の裏寂れたあの街に戻ってきます。

     

    私も、いつかこんな感情を持つのでしょうか?

    今年の冬は大変寒く、春を待ち遠しく思っていたので、少なくともまだ東京に居たいようです。

     夢千代日記〜全集〜 / 吉永小百合  夢千代日記〜全集〜 / 吉永小百合

    販売元:イーベストCD・DVD館
    楽天市場で詳細を確認する

    夢千代日記 (新風舎文庫)
    Book
    夢千代日記 (新風舎文庫)
    著者 早坂 暁
    販売元 新風舎
    定価(税込) ¥ 725

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    テレビあれこれ、覚え書。その4 ~部屋とポケモンと私~

    「日経スペシャル カンブリア宮殿」(テレビ東京、月曜22:00~)

    2007年7月9日放送

    世界で成功したキャラクタービジネスの秘密~ポケモンビジネス進化論~

    ゲスト:ポケモン 社長
        原恒和(いしはら・つねかず)
    観客: 新入社員(20歳前後のポケモン世代) 100人

    -------------------------------------------------------------------------

    ポケモンのアニメが出来て、今年で10年だそうで、「ポケモン」社長を招いて、ポケモンが日本のみならず海外でなぜ莫大な人気を得たのか?キャラクタービジネスを中心にその成功を紹介していた。

    そんな私(24歳)も、実はポケモン世代。

    96年にゲームボーイの「ポケットモンスター 赤・緑」が発売された時、私は中学1~2年くらい。

    Poke1

    (山形県ですら)当時、ポケモン人気はすごいもので、

    自分の育てたポケモンで、よく友達と対戦していたっけ。

    ただ、先ほどの番組を見たとき、どうも腑に落ちない点が1つ。

    番組では、ポケモンのキャラクターの魅力について焦点を当てて、それが成功のカギであるように説明していたけど、

    1  

    私が当時ポケモンにハマッた理由は、そんな事では無かった。

    キャラクターよりも、相手と対戦できるという新しさ、面白さの方が惹かれていたかな。

    (当時は、ゲームボーイで、まだちゃんとした対戦ゲームは無かったので。)

    中学生の私にとって、強い能力を持ったポケモンを育てて、友達との対戦に勝ちたいことが一番であり、

    そこには、キャラクターのかわいらしさなんてものは二の次だった。

    151a   

    ↑「ミュウ」

    当時、最強のポケモンとして有名だったけど、裏技や一部のイベントでしか手に入らなかった幻のキャラクター。

    いやいやみんな欲しがりましたよ。

    (よくよく見ればかわいいキャラ。)

    その後、ポケモン人気が加熱するにつれて、ゲームの魅力よりも、キャラクターのかわいいらしさがいつのまにか強調されていったような。

    それが、今のポケモンビジネスとして確立していったんだろうか。

    (あくまで個人的な思い出からの結論)

    当の私は、そんなポケモンの魅力にはついていけなくなり、

    なんか子ども(小、中学)のやるもんだというイメージが出来、

    高校に進学したときには、もうポケモンを卒業していました。

    そんなポケモンは、アニメが始まってもう10周年だってさ。

    (テレビ東京系列だから、山形ではリアルタイムで映んなかったつうの!!)

    | | コメント (0) | トラックバック (1)

    テレビあれこれ、覚え書。その3

     

    ●6月5日(火)23:00~23:30

    タモリのジャポニカロゴス(フジテレビ)
    ~へなちょこは何の略? 略語バトル~

     

    日本語の正しい使い方、読み方などについて答えるクイズ番組。

    今回は、略語の正式名称を答えるようで。(略さないで言うと、何と言うのか?)

    その中から、

    「セレブ」の略は?という問題が出題。

     

    もちろん、「セレブリティ(celebrity)」だよね!!

    朝飯前、朝飯前・・・

     

    しかし、番組では誰も「セレブ」の正式名称を答えることはできなく、

    そこで、町田 健(名古屋大学教授)という方が「セレブ」について説明していたのですが、

    画面下に「上流階級、お金持ちの人たち」というようなテロップが出ていたような・・・

    (一瞬のことで、何と書いてあったか不明。)

     

    「celebrity」は、

    ① a famous person,especially someone in the entertainment business

    ② formal  the state of being famous; fame

    (めったに使わない、というか使った記憶の無い『ロングマン 現代英英辞典 3訂新版』1999 より)

    「celebrity」の場合、「有名」「名声」が主な意味であって、お金や階級の点は基本的に関係ない。

    それとも、「celebrity」にすでにそういった意味があろのかもしれない。

    もしくは、日本のおいての「セレブ」という言葉の説明だったのか?

    しかし、ながらテレビ視聴が基本の私にとって、確かめるすべはありません。

     

    とりあえず、「celebrity」が答えられなかったタモリさん、

    あなたがまさに「celebrity」ですよ。

    | | コメント (2) | トラックバック (0)

    テレビあれこれ、覚え書。その2

     

    ●4月30日(月)19:00~23:09

    「20年大河バラエティー!超近現代史!さんま&所が解明!?人間は相変わらずアホか?」(日本テレビ)

    All_main_image_1  

     

     

     

     

     

    番組ではこの20年間を、文化・風俗・経済といったあらゆる角度から切り取り、20年間で一体何が起こったのか…を検証していきます。

    ~超・近現代史とは~
    1986年後期、バブル経済が動き出しました。
    戦後驚異的に復興した日本経済の歴史の中で、特筆すべき出来事です。
    土地神話、右肩上がりの経済神話が、夢のような消費世界を作り出しました。
    しかし、86年後期からたった4年3カ月で、泡の如く飛沫しました。
    国を挙げて信じていたものが、崩壊したのです。
    この事は、戦後の敗戦によって、国民がこぞって「信じていたもの」「価値観」が崩れ去った時代と重ね併せて考える事が出来ます。
    これまで歴史的大事件は戦争と大きく関わっていました。
    バブル経済、そして崩壊は、平和時における希有な、そして狂喜な国家的大事件であります。
    20年前のバブル経済から崩壊後の今日までを『超近現代史』と名付けます。
    バブルが始まり、そして弾けて今日まで。
    数百兆円の公的資金を導入したにも関わらず、銀行、企業、個人までを破綻させ【失われた10年】と言われるバブルの戦後処理は、終わったと言えるのでしょうか?
    仮に経済的な処理は終わったとしても、【価値観の崩壊による後遺症】はまだ癒えません。
    『バブル戦後の超近現代史に名を残すこの20年間』はいったい何だったのでしょうか?

    そして今・・・
    再び『ミニバブル』が都心を中心に発生しています。
    「過去の反省があるから」と安心してはいられません。
    歴史は繰り返すのですから。
    『バブルから再びミニバブルが忍び寄る今…』
    人間は相変わらずバカなのか? 賢いのか?
    『超近現代史』が注目される時代なのです。

                                             (番組HPより

     

    つまり、バブル時期から今までの文化、風俗、経済をまとめて見ていった番組。

    「あのころは・・・」といった時代再考番組といったところでしょうか。

    (現代の話というよりは、バブル期の現象、経済の特異さの方にスポットを当てていたよう。)

    番組内容は、

    『流行語&若者言葉の20年』、『バブル紳士たちは今』(バブル期に事業で成功した人々のその後)、『あの資産は今』、『ネット社会は何を生んだか?』
    『日本人の恥ずかしさはどう変わったか?』、『病気と健康法の20年』
    『ものの値段の20年』、『20年のブーム総ざらい』、『だまされやすい日本人』、『歌詞の移り変わり20年』

     

    よく4時間という長丁場の番組を作ったものですよ。

    前半部分は記憶のかなたです。

    唯一覚えているのが、最後の『歌詞の移り変わり20年』というコーナー。

    バブル期の86年から現代まで、シングル売り上げ上位の曲の歌詞を例に挙げ、どのように変化していったかを紹介。

    86年:石井明美 「CHA-CHA-CHA」

    87年:光GENJI  「STAR LIGHT」

    など、歌詞に英語や意味の無いカタカナ語を多用する。

     

    90年になると・・・

    90年:KAN 「愛は勝つ」

    91年:大事MANブラザーズ 「それが大事」

    などの「自己啓発ソング」「応援ソング」などが多くなる。

     

    2000年になると・・・

    01年:宇多田ヒカル 「Can You Keep A Secret?」

    など、女性歌手の曲の歌詞の2人称が「君」という言葉が多くなる。(「あなた」ではなく)

     

    という変化があると、山田五郎(『POPEYE』元編集長)がとうとうと説明していましたが・・・

    なんか、『別冊宝島』などで語られていた内容のような、

    既にどこかで見聞きしたような印象が強かった。(番組全体的に見ても、同様の印象。)

    後、90年中ごろからの、小室哲哉黄金時代をなぜ無視(というより忘れた?)したのが謎。

     

    ~5月27日の夕食~

    から揚げ入りサラダ(コンビニ)、ご飯、味噌汁

    90年:B.B.クイーンズ 「おどるポンポコリン」

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    テレビあれこれ、覚え書。その1

    見た、気になったテレビ番組を、まとまりの無い文章(HPからコピーしてきた文章含む)でとりあえずアップしていきます。

    -------------------------------------------------------------------------

    「ぷっすま」(テレビ朝日、火曜PM11:15~)60分

    4月24日 ペア当て眼力バトル!リアル神経衰弱!!

    <ゲスト:劇団ひとり・片瀬那奈>
    「ペア当て眼力バトル!リアル神経衰弱!」
    【アイドルとオタク】【美女と制服】【ボケとツッコミ】のペアを完成させます!
    アイドルとオタクではその独特の世界にスタジオ中が不思議な空気に!
    美女と制服ではナギスケ・ゲストの勘が冴え渡る!?
    ボケとツッコミでは恒例のツヨシの発言に若手芸人総ツッコミ!?

    【アイドル一覧】
    ①梁 愛美   「ゆめたまご」ボーカル
    ②持月 遥香   メイド喫茶店員
    ③桜川ひめこ   アキバ系アイドル
    ④いちご姫   いちご系アイドル
    ⑤木下 鈴奈   声優
    ⑥TOMO-Co.   ツキカゲ★センセイ

    ~感想~

    数人のアイドルとそのファンを集め、誰がどのアイドルのファンかを当てるコーナー。

    まさか、「聖子派」「明菜派」のファンの見かけの違い!!なんてものを見分けるような難しいものかと思ったら・・・

    単に、自分の好きなアイドルのチャームポイント(眩しい笑顔、くりくりの目、しゃべりが上手そう・・・)や、ファンの顔の特徴(芸能人の~~に似ているなど)だけ。
     

    なんだそりゃあ。

    アイドルを選んできた意味が全く無いような。

    大体、テレビ側の思惑で集められたアキバアイドル、そのファンに違いを見つけることが困難か。

    ------------------------------------------------------------------

    「快感MAP」(テレビ朝日、月曜、深夜0:15~)30分

    2007/5/7

    「ほっしゃん。&飯尾和樹が潜入!意外な仕事をしている地下アイドルMAP」

    ・アイドルとアロマサロン店員の2足のわらじを履いた萌えセクユニット「Guilty」藍乃ちゃん

    ・アイドルとキャバクラの2足のわらじを履いたゴスロリ系ユニット「パピヨン」 凪ちゃん

    ・アイドルと運送会社の2足のわらじを履いた 妹系アイドル 戸鳴 鈴ちゃん

    ・アイドルと日本舞踊講師の2足のわらじを履いた グラビア系グループ「3ko」 木ノ下もこちゃん

     

    録画済、まだ見ていない。(というかどのビデオテープに入れたか不明)

    とりあえず、見次第、感想をアップ。

     

     

    ~5月12日の夕食~

    豚汁、鮭西京漬、ごはん

    ~5月13日の夕食~

    おでん、ごはん、豚肉しょうが焼き

    ~5月14日の夕食~

    肉じゃが、ミズナとキムチのサラダ、なめこの味噌汁、ごはん

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    今日のテレビ番組。

    今日のテレビ番組。

    NHKスペシャル「松田聖子 女性の時代の物語」(午後10時~10時49分)

    80年代以降の日本における、典型的な“アイドル”といわれてきた女性歌手“松田聖子”。
    彼女の存在は、この四半世紀の日本の女性たちの価値観や、ライフスタイルの激しい変化を体現する一つの「シンボル」でした。
    結婚や出産などを経ても引退せず、仕事に“走り続ける”彼女の芸能活動の軌跡は、同世代の女性達から圧倒的な支持を集めてきたのです。
    特に、「自立」を目指して社会進出に挑んできた、40代から30代後半の“雇用機会均等法”世代の女性たちにとって、松田聖子的なライフスタイルは、一つの理想像と映っていると言います。
    番組では、“松田聖子”の27年間にわたる芸能活動のなかで、初めてカメラがバックステージに入り、自ら作詞作曲に携わる創作活動、彼女の素顔や肉声といった「リアル」な“松田聖子”に密着すると共に、“松田聖子”の生き方に憧れる女性たちの人生にも迫ります。
    また、インタビュアーに脚本家の大石静さんを起用。様々な作品で現代を生きる女性の姿を描き込んできた大石さん独自の目線で、「女性たちの偶像」としての松田聖子を解析し、「なぜそこまで支持を集め続けるのか?」同世代の女性たちの心模様をたどります。
    この番組は、日本における「女性の時代」の27年を見つめる、新しいドキュメンタリーです。

    (HPの番組紹介文より)

     

     

    だってさ。

    なんか90年代はじめごろに聞いたようなセリフですが、どういった内容の番組になるのか・・・

    とりあえず、ビデオ予約をしておきました。

    感想は後ほどに。

     

    ~昨日の夕食~

    またもやホッケの干物(安かったもので)、サラダ(玉ネギ、みずななど)、納豆

    | | コメント (0) | トラックバック (1)