« 2010年2月 | トップページ

私の感想 ①「クリスマス・キャロル」

ここ数ヶ月忙しくて更新できませんでした。
とりあえず、読んだ本の感想をUPしていきます。

時期的に完全にズレてますが・・・
ディケンズ『クリスマス・キャロル』(光文社古典新訳文庫、2006)

十九世紀、工業化が進んで都市人口が膨れ上がったイギリスでは、労働者が年末にゆっくり休暇を楽しむ条件は与えられず、また、各地から流入した新興市民がそれぞれに郷土の風習を持ち寄ったため、かつての大らかな祝祭は影をひそめた。
特に、地方の大地主など、支配階級がこの時期ばかりは上下の隔てを取りはらって、小作人や使用人らとともにクリスマスの喜びを分かち合う習慣がすたれ、そんな時代の流れを嘆く声が次第に高まっていた。
ディケンズがそれを踏まえて作中に古来の習慣を再現したのがフェジウィグの舞踏会である。                                                                                  訳者あとがき p189

 

ディケンズの活躍した19世紀のロンドンは、まさに都市の人口が急増した時期でもありました。
19世紀はじめに約86万人だったのが、その後の100年で約420万人にも膨れ上がっています。
田舎の少数で限られた人間関係とは違って、
いろんな所から都市へとやってくる人の大量流入は、言葉、習慣、考えなどがまったく異なる見知らぬ人々がゴミゴミと暮らす状況をもたらしました。

 
そのことを見誤ると・・・
悪いおじいさんが改心する感動話としか映らないでしょう。
感動話よりも、
ディケンズは、都市化していく社会に対しての批判や、伝統が廃れていくことへの危惧を言いたかったのかもしれないと、今回改めて読んで感じました。

作品中に出てくる「フェジウィグの舞踏会」では、クリスマスくらい金持ちも貧乏人も身分の階級無く、自由にダンスをし、美味しいものを食べて楽しむ様子が描かれています。
クリスマス商戦でにぎわうアメリカや、浮かれさわぎの日本の様子を、ディケンズが見たらはたしてどう思うでしょうかね?

クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫) Book クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)

著者:ディケンズ
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (27) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ