« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

発表。

おととい、ある研究会で、「原宿・代々木公園のストリート・パフォーマンス」について発表しましたが・・・

まあ、結果は言うまでもなく、十分なものとは言えなかったと思います。
発表の内容よりも、発表の仕方や伝え方に難がありました。

いろいろ原因はありましたが、1つだけ。
私の中で何回も話していて当たり前になっていたことは、発表を初めて聞く人にとっては未知のことであって、そのことをきちんと丁寧に説明すべきだったと思いました。
なんか基本的なこと(問題意識など)をしっかり伝えていたら、また伝わり方も違ったかもしれません。

下準備でここ数ヶ月忙しかったので、1ヶ月くらいは代々木公園について見たくも無かったのですが、
今日(2009/11/30)の東京新聞(朝刊)にデカデカと「竹の子族」についての特集記事がありました。
「ブティック竹の子」はまだあるのは知っていましたが、高円寺の「マジカルカフェ」というところで当時踊っていた人(40代くらい)がまだいるんだとか!!

神様は、私にまだ原宿・代々木公園のことについて書けというのですか!!
というのは冗談で、
おもしろそうなので、とりあえず落ち着いたら一度は覗きにいってみたいと思います。

最後に1つだけ。
今回の発表で何回か代々木公園に行きましたが、ストリート・パフォーマンスの数が以前より(2006年)も少なくなっているような。
以前は、バンドのギターがうるさい中で、公園で憩いのひと時を過ごす人がいる、といった
なんか変な空間な印象でした。

やはり、最近は静かになったような気がします。
今寒い時期だからということもありますが、公園管理の人が「代々木公園は利用者にとって快適で安全な憩いの空間として再生しつつある」(住吉泰男「東京オリンピック関連公園のその後―代々木公園」、『都市公園」2008年3月号)とコメントしてるように、ホームレスも、露店も、ストリート・パフォーマーも無くなっているのかもしれません。

(ちなみに、日曜日だけなのか、代々木公園の原宿口ではロックンローラー族も露店も時々います)

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治の話 ①

政治の話が無いと言われたので、政治のことについて思ったことを書きます。
今やっている行政刷新会議の「事業仕分け」を見て、感想。

鳩山首相がこの事業仕分けに関して、「聖域なき見直しをするように」と言っていましたが、本当にそうしていますか?
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20091118/20091118-00000773-fnn-pol.html

民主党の考えややり方の是非は置いといて、
やはり、無駄をなくすと偉そうに言っている以上、国会議員の数と彼らの給料や待遇もそれなりにスリム化すべきだと思いました。
そこも聖域なんではないんでしょうか、鳩山さん。
あの会議の時に、「国会議員もあんなにいらないんじゃないんですか?削りましょうよ。」と、口やかましいあの女性に言ったら、はたして何と答えたでしょうか。

よく、地方で知事や公務員の給料を削減し、人員整理していますが、
ああしないと財政破綻してしまうわけで。
一方、国は破綻しない(破綻しそうな膨大な借金はありますが・・・)という安堵感からなのか、身内の国会議員に対してはけっこう甘いですね。
衆議院一人あたり、月約230万、年約2760万。(その他もろもろの補助を含めると・・・)

で、国民として。
選挙権を使えるといっても、○○党が嫌い、あの立候補者が嫌い、あのマニフェストがいい・・・
と、個別のことは選べても、
根本的なこと(国会議員の数など)については、私たちが意見を言っても改善してもらうことはできないようです。
「国会議員の数を減らします!!給料減らします!!」なんてマニフェストを高らかと掲げるお人よしで正直な国会議員はいませんね。だって、数や給料を減らしたら自らの首を絞めることにもつながるんですから。

「国会刷新会議」なんて開くわけないですよ。
自分に甘く、他人に厳しくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都会と田舎 「N.Nという人生」

よく死刑の基準ででてくる「永山基準」。
青年の猟奇的な殺人事件があると出てくる「永山則夫」。

1968年、4人の人を銃殺したという衝撃的な事件でしたが、
都会という場所に飲み込まれてしまった、一人のどこにでもいる若者だったような気がします。
事件の内容はネットで詳しく書いてあるので、そこは置いといて。

Photo 金の卵として青森県の貧しい家庭の永山にとって、東京は故郷の貧しい暮らしとは違う、きらびやかな夢の生活を期待させる場所でした。彼は、高級品(アメリカ製のタバコやファッション)を買って都会人を気取る一方で、都会の若者との間に違いを覚えました。
どんなに高級品を買っても、東京っ子のようにおしゃれにできない。
(当時は銀座のみゆき族などが流行っていた頃→)
彼は、そこに他人が自分に向ける軽蔑の視線を過剰なまでに感じ(「あいつ田舎者だ」)、田舎者として都会へ馴染めない苛立ちと無念さから事件を起こしたといえます。貧しい田舎にも、東京にも居場所が無かった孤独な若者。
見田宗介は、そんな永山が田舎から都会に上京したときの苦悩や孤独から、人の素性が知られていない都会にとって、人は他人から見た目で判断されることを指摘しました。

―都会のまなざしとは何か。具象的な表相性(話す言葉、容姿、持ち物)にしろ、あるいは「履歴書」に象徴される抽象的な表相性(肩書き、出身)しろ、(略)ひとりの人間の総体を規定、予測するまなざしである       
                  見田宗介『まなざしの地獄』より ( )は私が勝手に補足

就職活動は、社会人への第一歩なんて表現の仕方がありますが、
まさに履歴書(生まれや学歴)や見た目(きちんとしたリクルートスーツ)で判断されることは、見田が言う「都会のまなざし」でしょう。
私たちはそんな社会にうまく付き合っていくか、馴染めなくて苦悩し最終的に孤独になるか、どちらかです。

001_3
「気分をかえて」(原曲:山崎ハコ、アイドル時代の香坂みゆきのカバーが個人的に好き。)

現代は、まさに「気分を晴らした者が勝ち」な社会です。
前向き、ポジティブ、プラス思考・・・ちょっとでも思い悩んでしまうと負けてしまいます。
地方出身が多い東京で、満員電車に揺られる多くの都会人がなんとか気分をかえようとしています。ある意味で都会での苦悩、孤独をなんとかごまかしているのかもしれません。

追記

先日、大学生に向けて、「都会と田舎」というテーマで授業をしました。
コミュニケーションの特徴が説明するのが主でしたが、
個人的には、都会にはじめて来た田舎者の戸惑いや馴染めない苦悩なんてのも感じ取ってもらいたかったですが・・・
私の説明が下手だったこともあり、伝わったか心配。

おやすみなさい。

まなざしの地獄 Book まなざしの地獄

著者:見田 宗介
販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (1)

都会と田舎  「上京するということ」

東京に出たのは二十七歳の時。両親は駅のホームまで見送りに来て、「じゃあ行っておいで」という感じで。僕はもう田舎に帰るわけにはいかないし、両親も東京では暮らせない。住む場所が変わるということは、大きな別れなんですよね。
                                 東京新聞 2009/11/01(朝刊)

和歌山生まれの楳図かずおが、上京したときを振り返ってそのように語っていました。

もしくは、吉幾三の「俺らこんな村いやだ 俺ら東京さ行ぐだ」的な、田舎に強い劣等感をもって上京する場合もあるでしょう。
どちらにしても故郷との別れを感じずにはいられないとは思います。

来週に大学の講義(コミュニケーション論)で、「都会と田舎」の人間関係について話すことになり、ここ数日そのことについて考えることが多いです。

ところで、どうなのでしょうか?
今の大学生が上京するときに別れを感じるのか?
もしくは、埼玉、千葉などから東京の大学に通うために一人暮らしをした人は上京と言えるのか?

山形出身の私でさえ、新幹線ですぐに帰れるし、電話だってすぐにかけられるので、日ごろ故郷との別れを感じるわけではありません。
でも、実家から東京へ戻る新幹線の中では多少なりとも別れのようなもの(「次は正月まで帰れないのか・・・」など)は感じます。
後、もし東京で警察に捕まったり何か不測の事態が起きても、身元保証人がいないかと思うと、なんか妙に不安になるときもあります。(ま、そんなことは実際に起きないと思いますが・・・)

1時間そこらで実家に戻れる今の世の中、
楳図が語ったような「大きな別れ」は無いかもしれません。
田舎者にとっては、上京することであらためて田舎と都会の違いを認識します。
戦後の歌謡曲の多くが望郷をテーマにしていましたが、今の若い人向けの歌には望郷というテーマはまず見られません。
そもそも、都会/田舎という対立関係も無いかもしれません。

どのように学生に説明したらいいか、難しいものです。

A004   
「帰れないんだよ」(歌:ちあきなおみ)
望郷の歌というより、都会の中で落ちぶれて絶望している男の歌。
故郷へは錦を飾らないと帰れないし、都落ちのように帰ったとこで白い目で見られるに決まっている。そんな田舎に対する気持ちも見え隠れするような気がします。

「秋田へ帰る汽車賃があれば一月生きられる」
個人的に気持ちはよくわかる。とりあえず毎日を生きるのに必死というか。

ちなみに、私は今年のお盆は実家に帰省しませんでした。(ホントに電車賃がありませんでした。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »