« TA ~1回目~ | トップページ | 地下鉄とアート »

TA ~2回目~

先週はレポートチェックが無かったので、今週がTAの第2回目。

といっても、コミュニケーション論ではなく、別の講義(現代文化論)の小レポートチェックでした。

 

来週の授業で、日本のライフスタイルの変化について話すそうで、

今回の小レポートテーマは、

「100年前、50年前の人がタイムマシーンで現代に来たとき、何に驚くのか?それぞれ書きなさい」という質問。

 

100年前の人が驚くことで多かったのは・・・

・家電(炊飯器、洗濯機・・・) ・高層ビル群 ・ファッション(ミニスカート、茶・金髪などの容姿に驚く)

・交通の発達(車、飛行機) ・戦争が無い、平和 ・自然の少なさ

 

50年前の人が驚くことで多かったのは・・・

・カラーテレビ ・携帯電話 ・PC

 

でした。

 

そういえば、ドラえもんに同じような話があったのを思い出しました。

「ホラふきご先祖」(第14巻)という話。

ご先祖について調べる宿題を出されたのび太が、150年前のご先祖「のびろべえ」をタイムマシンで連れて来るのですが、

現代(といってもマンガが描かれた1970年後半の社会)の様子にのびろべえは混乱してしまいます。

お茶を沸かそうとすると、蛇口から出る水やガスコンロの火に驚き、

テレビをつけると、テレビに映った飛行機に驚き、

街に出たら自動車を「鉄のイノシシ」と言って驚く。

結局、自分の時代に帰ったのびろべえは

村人にあったことを話すが、取り入ってもらえず、ホラばっかり吹く「ホラのび」と呼ばれ有名になった、というところで話は終わります。

現代の便利な生活を当たり前のものとしているのび太と、それを見て混乱するのびろべえの姿の対比は、今思うと興味深い。

 

レポートでもいろいろ例は挙がっているけど、実際100年前の人、50年前の人はどうだったかその視点で考えないとなかなか難しい問題。

ファッションとか、100年前の明治、大正時代も今から見れば奇抜なファッションかもしれません。

 

授業と関係ないですが、2009年から100年後にタイムマシンで行った場合、何に驚くのか?

宇宙に行けることもわかっている現代、別段驚くことが無さそう。

ただ、未来といえば、

ガンダムのようなスペースコロニーで住んで戦争しているのか、

AKIRAのように荒廃した雑居ビル群がそびえたつ都市に住んでいるのか、

ドラえもんのようになんでも叶う世界なのか、

漠然とそんなイメージがあります。

 

そりゃあ、ドラえもんの世界がいいですが、

スペースコロニーくらいが現実的かな。

|

« TA ~1回目~ | トップページ | 地下鉄とアート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304838/29343140

この記事へのトラックバック一覧です: TA ~2回目~:

« TA ~1回目~ | トップページ | 地下鉄とアート »