« 骨折。 | トップページ | TA ~1回目~ »

再びの

先日、またまた職務質問を受けた。

なんか最近やたらと多い気がする。

(昨日は、若い女性も職務質問を受けていたのを目撃。)

「最近、自転車の盗難が多いんで・・・」

という決まり文句に対しては、適当にやり過ごしていましたが、今回はやたらとしつこい。

と思ったら、

「最近、ナイフを使った事件が多いので、カバンの中を見せてもらえません?」

ときました。

なるほど、こいつはカバンの中を見たかったからあんなにしつこかったのか?

私のカバンには、ナイフ、ましてや大麻なんて入っていませんよ。

もしかして、新入社員が「一日100枚名刺を集めてこい!!」なんて無謀を言われるように、「一日100人職務質問してこい!!」なんてノルマを課されているのでしょうかね??

だいたい職務質問は、都会独特の現象だと思います。(実際、兄がこの前東京に来たときに初めて職務質問されて大変驚いていました。)

都会は不特定多数の人が行きかうといっても、いまや田舎でも凶悪事件が起きる昨今。都会だけ職務質問が異常に多いってのも、なんかね~。

 

と、勘ぐりたくなるのは、ちょうど森達也の『東京スタンピード』なる本をちょうど読んだから。

内容は・・・

毎日テレビから伝えられる若者の凶悪事件、家族殺し、スポーツイベントに熱狂する人々・・・閉塞感が漂う現代社会の中で、次第に人々が自衛するようになる様子を描いています。

最初は街のガーディアンとして機能していたものが、次第に統制を失い、果ては暴徒化するまでに。

ル・ボンの「群衆心理」を参考にしているようで、小説の中でも、日本人はル・ボンが言うような大勢の中にいると人は理性を失い暴走してしまう群集になるだろう??近未来を書いています。

 

暴徒化するっていっても日本の場合は、ネット炎上など顔が直接見えない場所での群集化の方が多いような気がするので、森の小説のようになるかはちょっと疑問。

ただ、森が指摘しているように、街中に「特別警戒中」、「監視中」などの張り紙が貼られ、いつの間にか他人を警戒し、監視国家になっていっている状況は気持ち悪い。

職務質問も、そんな中の一環なのかも。

 

気持ち悪いといっても、私個人が具体的にどうすればいいのかまったくわからないし、職務質問を拒否したらますます怪しまれるし・・・

はてさてどうしたものか。

東京スタンピード Book 東京スタンピード

著者:森 達也
販売元:毎日新聞社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

群衆心理 (講談社学術文庫) Book 群衆心理 (講談社学術文庫)

著者:ギュスターヴ ル・ボン
販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 骨折。 | トップページ | TA ~1回目~ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304838/29006363

この記事へのトラックバック一覧です: 再びの:

« 骨折。 | トップページ | TA ~1回目~ »