« 読書レポートその5 「一日3時間しか働かない国」 | トップページ | 最後の挨拶 »

ご挨拶

新年の挨拶。

 

昨年家に不幸があり、現在喪中につき、新年の挨拶はできませんでした。

なんでも「あけまして・・・」は言ってはいけないそうで、

しかも、「喪中ですので、新年の挨拶はできません」なんてなかなか言いづらいものでして、

とりあえず、「今年もよろしくお願いします」との一言でごまかしてしまいました。

 

そういえば、「よいお年を」ってのもじつに厄介なものです。

「よいお年を」・・・

「良いお年を迎えてください」だっけ、「良いお年をお過ごしください」だっけ?

よいお年を、だけだと言葉としてなんか中途半端だし、

目上の人には使いづらいし。

(書く分には実に使いやすいのですが・・・)

季節の挨拶なんてめったに使わないので、いつも忘れてしまいます。

結局、年末になんて挨拶したらいいのか分からないので、

昨年はまたしても「来年度もよろしくお願いします」でごまかす始末。

 

なんかもっといい挨拶は無いもんですかね?

|

« 読書レポートその5 「一日3時間しか働かない国」 | トップページ | 最後の挨拶 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304838/27091404

この記事へのトラックバック一覧です: ご挨拶:

« 読書レポートその5 「一日3時間しか働かない国」 | トップページ | 最後の挨拶 »