« こんな記事み~つけた!! その2 | トップページ | 松葉杖のある生活。その① »

「昭和の日」ってなんじゃらホイ?

「え~、平成生まれなの~!!」

と驚く昭和世代の人たち。

(テレビで若いタレントの年齢を聞いたときに驚く芸能人達だけでなく、

新入生、新入社員、アルバイト先など、新しい人が入ってくるこの時期、結構ああいったことが言われているような気がします)

 

私も昭和生まれですが、別にそこまで驚かなくてもいいんじゃないの?

だって平成はすでに20年も経っているのですから、

そりゃあ、平成生まれの人はたくさんいますよ。

 

ついこの間まで昭和だったのに、と単に時の経つのが早いと思う場合もありますが、

どうも平成に生まれた人たちを見下しているように感じられる時もあります。

平成という時代に生まれたことをバカ(もしくは半人前)にしているというか、

こんな時代に生まれてきた人たちを憐れんでいるというか、

あまり良いイメージを持たれない気がします。

(「最近の若者は、まったく・・・」と似たような構図。)

 

もちろん、その背景には最近の昭和讃美ブームが。

去年あたりの朝日新聞(いつのかは不明)に、タイムマシーンが出来たら、憧れの昭和(30年代)に行ってみたいと書いていた小学生の投書を思い出しました。

詳しい内容は忘れてしまいましたが、

憧れの昭和30年代のことを切々と語っていたこの小学生は、それくらい生まれたことの無い昭和が好きなようでした。

この投書を見たときに、今ではなく過去(しかも自分が知らない)に憧れを抱く小学生の姿にギョッとしてしまいました。

戦国時代が好き、歴史が好きとかそういった話とは何か違って、

未来に対して思考すること、期待することを捨てているような気がします。

それが、昭和を知らない小学生にまで及んでいるとしたら、とても怖いことですが・・・

 

確か、クレヨンしんちゃんの「オトナ帝国の逆襲」では、昭和のノスタルジーに浸るオトナと、未来に憧れる子供の葛藤みたいなものが描かれていたような。

もう一度見てみようかな。

 

そうそう、あさっての5月1日から吉祥寺の東急百貨店で「'70s メモリーズin吉祥寺」というイベントを開催するチラシがポストに入ってました。

目玉は「スペースインベーダー」のゲーム機、吉田拓郎のパネル展示、ギター販売だってさ。

詳しくは→「吉祥寺 よみがえる70年代」で。

 

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲 DVD 映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲

販売元:バンダイビジュアル
発売日:2002/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« こんな記事み~つけた!! その2 | トップページ | 松葉杖のある生活。その① »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「昭和の人」が「平成の人」に対する態度に関して、私は武田さんと反対の印象を持っています。(武田さんと明記していいんでしょうか、このブログでの名は何でしょうかと改めて)

武田さんはどのような場面(職場?それともテレビ?)でそのような印象を持ったかわかりませんが、私の周辺では、やはり昭和生まれがほとんどを占めていた中で、平成という肩書(?)をもつ人たちには眩しい視線が向けられています。単なる年号、区切りにすぎないんですけどね。
「僕たちが知るあれもこれも知らない、全く価値観の異なる人びと」という見方があって、妙にとまどうというか身構えるというか、気を使うというか、はたまたおちょくるというか。
そのおかげで、私だってだいぶ年離れてるのに、60近いおっさんから同じ価値観を持つ「昭和チーム」の一員とみなされ、面倒です、失礼です。

まぁ、「えー平成生まれなの?」という一声は、コミュニケーションのとっかかりという部分が大きいのではないでしょうか。年齢、世代を気にする日本人お得意の。

投稿: umiyorke | 2008年5月11日 (日) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304838/20655721

この記事へのトラックバック一覧です: 「昭和の日」ってなんじゃらホイ?:

« こんな記事み~つけた!! その2 | トップページ | 松葉杖のある生活。その① »