« 今日の夕食(6月7日~15日) | トップページ | 今日の夕食(6月16日~23日) »

ipodで音楽を聞く男、紙パックジュースを持つ女。

日がな一日、図書館のカウンターに座っていると、

意外と多いんですよ、

ipodで音楽を聞いている学生さん。

知ってか知らずか、シャリシャリと音を漏らしながら図書館に入ってくるのです。

ただ、そういった人たちを見ると、ほとんどが男子学生。

(別に統計をとったわけではないですが・・・)

 

 

逆に、女子学生がイヤホンをつけて、図書館に来る姿をあまり、というかほとんど見ません。

女子学生は、口を開け、ストローを挿した紙パックのジュースを持ちながら、図書館に入ってくる場合が多い。

Main_visual  

 

 

口が開いていて、本にでもかかったら大変ということで、これは職員の方がカウンターで預かっています。

ただ、ここでも違いがあるような。

男子生徒の場合、ペットボトルのジュースを持って図書館に入ることはあっても、紙パックのジュースを持って入る姿を見ることはめったに無い。

 

必ずしも、どこでもこういった傾向だとは言えませんが、

ipod、紙パックともに、男性/女性という性別によって行動に違いが見られるのかもしれません。

ま~、単に嗜好(女性は、紅茶が好き?)の問題もあるとは思いますが、

公共の場においてのジェンダーの問題が介在しているような気がします。

 

ちょうど、大学のゼミの授業で、マンガを読む場所についてのジェンダー問題が話題に上がりました。

男性の場合、通勤・通学の電車の中でマンガ雑誌を読んでいる姿を見るが、同様な行為をしている女性はあまり見ない。

男性に比べ、女性にとって、マンガを公共の場で見ることはあまり無く、自宅や友人宅で読む場合が多いという。

マンガを公共空間で読む行為について、男女の規範意識の違いがあり、女性は電車やバスで見ることは「人目が気になる」「品位にかける」ので、恥ずかしいものとして認識されているらしい。  (北田暁大「第6章 マンガ読書空間の戦後史」 橋元良明他編 『子ども・青少年とコミュニケーション』 (北樹出版、1999)&ゼミN氏のレジメ参考)

 

そう考えると、公共空間で音楽を聞くという行為にも、何か同様のつながりがありそう。

例えば、「女性⇒公共空間と私的空間を区別して行動している」 など。

ただそうすると、女性から見たジュースを持つ行為は矛盾するような。

(むしろ、思いっきり「私的空間」を見せているのか?)

  

う~ん、あまりジェンダーについての知識が無いので、今回はまとまりの無い話でご勘弁ください。

|

« 今日の夕食(6月7日~15日) | トップページ | 今日の夕食(6月16日~23日) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/304838/6858324

この記事へのトラックバック一覧です: ipodで音楽を聞く男、紙パックジュースを持つ女。:

« 今日の夕食(6月7日~15日) | トップページ | 今日の夕食(6月16日~23日) »