« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

ソウルフード??その2

Sさんから、「早くソウルフードの続編をアップしないの!?」と圧力があったことはさておき・・・

とりあえず第2弾です。

 

昨日、たこ焼きを食べたもので、

今回は、山形の味「マヨタコ」について紹介。

これは、山形市内だけにある「両国屋」という店のたこ焼き。

マヨネーズを上にかけるのが一般的なたこ焼きですが、

この店のたこ焼きは、生地の中にマヨネーズが入っているんです。

なので、普通のたこ焼きとは違い、とろりとコクがあるちょっと変わった味わい。

小さいころからよく食べていたので、まさに私にとっての「山形の味」です。

 

なんと、マヨタコのHPがあることが発覚。

Mayotako_hako

 

 

 

 

 

すっごいなつかし~。

無性に食べたくなってきた!!

 

でも、山形市内に2店舗しかないという、なんともさみしい状況。

ぜひ、東京進出して欲しいのにな~。

商売ベタなところが、山形出身者の良くないところ。

Gindaco_logo_1

「銀だこ」なんかに負けるな!!

 

 

でも、マヨタコって、油っぽいし一般的にはウケないだろうな~。

 

~今日の夕食~

親子丼を作るものの、しょうゆを入れすぎ、かなりしょっぱくなった。失敗。

(いつもは「そばつゆ」を使うのに、切らせてしまったので、自力でツユを作ったのが原因)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

昨日の出来事。~ライブハウス編~

昨日、大学院の同じゼミのMさんのライブを見に高円寺に行った時の話を少しばかり。

 

高円寺に行くまで・・・

JR中央線が信号トラブルのため、阿佐ヶ谷で立ち往生。

「後一駅なのに!!」と心で叫びながら、Mさんのライブ開始予定時間まで、後10分。

あきらめ半分、未開の土地への戸惑い半分・・・

 

開始時間が延びていて、ライブの始まる数分前に、会場に着くことができました。

(アルバイトの職場の人となんとか合流。)

今回の場所は、まさに音楽だけを聴くための「ライブハウス」といった、機材、照明が本格的な場所だったので、音がズンズンくる。

(前回聞いた国立のようなバーの雰囲気の方が、ゆっくり聴けて好きかも。)

そんな環境に慣れないためか、私は周りをキョロキョロ。

ちなみに、斜め前方の男性二人組みは、微動だにせず、ステージの方をじっと凝視。

 

写真をぜひ撮って、ブログにアップしたいと思うものの、

携帯のカメラしかなく、もし撮ったら、

「ピンポロリーン」

と大きな音が流れるので、断念。

 

ライブ終了後、アルバイト先の人と、Mさんの声質がすごく雰囲気がありいいということ(専門的なことはわからないけど)を話しつつ、駅までの道のりを歩く。

 

と、ライブでの余韻、開放感を残しつつ・・・

結局、帰宅途中にあるコンビニで、おにぎり、アイスなどをたくさん買ってしまう。

いつものパターン。

 

~今日の夕食~

今日はハンバーグを作る予定だったのに、豚ロースのが半額になっていて、なぜか「しょうが焼き」に。

後は、キャベツと油揚げの味噌汁、ご飯。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

ソウルフード?その1

山形県(というより山形市)でよく食べられるローカルな食べ物を、これから時々紹介したいかと思います。

まず最初は、「ひぱっりそうめん」を紹介。

 

これは、乾麺のうどん(稲庭うどん)を、納豆とタマゴとしょうゆを混ぜたものにからめて食べるもの。

ポイントとして・・・

・絶対に乾麺のうどん。(生めんのコシの強いうどんは合わない)

・うどんはザルにあげずに、鍋から直接取る。というか、ゆでたらそのまま鍋をテーブルに持って行き、直に箸を入れる。(鍋物のよう)

(普通、麺類は一度水で洗が、この場合は、うどんを洗わないので、塩気が残っている。)

・納豆とタマゴは絶対。時にはネギやカツオ節を入れて、しょうゆをかける。

(東北なので、しょうゆはかなり入れる。濃い。)

・うどんの水気をしっかり切らないと、すぐに汁が薄くなってしまう。

 

なぜ、「うどん」なのに「そうめん」と言うのかは未だに謎。

これは、作るのが非常に楽で、安上がりなものなので、

ま~、貧乏料理、もしくは忙しくご飯の支度を短時間で済ませたい場合によく出てきます。

実家ではよく食べたものです。(貧乏じゃなくて、自営業で忙しかったからですよ!!あしからず)

一人暮らしの今でもよく食べますが。

郷土食というよりかは、ソウルフード(そこまですごいものでは無いかも)といったものでしょうか。

山形ではよく食べられているようですが、他の地域でも食べられているのかな?

よくわかりませんが・・・ 

 

また機会がありましたら、別のものも紹介しようかと。

 

~今日の夕食(4月24日)~

最近、ホッケの干物が多い。(近所のスーパーで、「ホッケの緑茶干し」なるものが安く売っていて、それをたくさん購入したため。同じ魚でも、アジの干物やシャケは淡白で、どうも朝の食べ物のイメージ。やはり、あぶらののったホッケの方が、夕食には合うような気がする)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日の夕食(4月22日)

今日は、一日中、部屋掃除し、ベッドに下に溜まった大量のホコリをキレイにする。

(もっとこまめに掃除しとけばよかったと、改めて反省。)

 

ということで、夕食はいつもよりも手抜き。

スーパーで、パックの寿司が値引きされていたので、それを1つ。

後は、家にあったひやむぎ(200g)をゆでる。

以上。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

読書レポート??その1

今、大学の図書館でアルバイトをしているのですが、

毎日、様々な本が入ってきています。(私は、その本にラベル、ラッピング(透明なカバー)をかける役割)

せっかくなので、目に留まった本の内容、感想をとりあえずアップしていこうかと。

 

最初は、

佐藤純『コンピテンシー・ディクショナリー -各社事例にみる評価と活用』(社会経済生産性本部労働情報センター、2003)

 

思いっきり自分の関心分野とは違う本。

「コンピテンシー」とは、「高業績をあげる人に共通の行動、特性」という意味。

会社の中で、どのように行動すれば高業績(戦力)をあげられるか、またどのように人事は評価すればよいのか、ということをいろんな会社へのインタビュー調査で分析した研究本だそうで。

 

で、コンピテンシーな人に共通しているのは・・・

 

①目標の内容が業務内容に即しており、そして具体的である。

②目標を達成するために、どのようなアクションを実行すれば良いかを明確に認識し、そのアクションを具体的に設定している。

③アクションは重要度によて優先順位がつけられ、そして整理されている。

④アクションを地道に実行している。

⑤実行したアクションをチェックして、さらに次のアクションへ反映するなど、PDCA(Plan-Do-Check-Action)の習慣が身についている。

                                              (p137) 

 

ま、そりゃあそうでしょうね。

そういった人は、常にスケジュール管理がしっかりしてあって、時間の使い方が上手いんだとか。空き時間も自分のスキルアップに利用。(ただ、むやみやたらに資格をとるようなことはせず、あくまで自分に必要なものを要領よく取得)

 

私なんか、常に行き当たりばったりな性格なもので、このコンピテンシーとは程遠いようで。

時間の有効利用をしたいけど、ついついボーとして時間を無駄に消費し、

「ま~、そんな時間も人生には必要なんだよ。」と自分を正当化する毎日。

わかっちゃいるけど、直らない~♪

 

とりあえず、続編は、「コンピテンシーな人の家庭環境調査」を希望。

会社では上手くやっていても、家庭ではどうなのだろうか?

結婚、離婚率は?

意外と、離婚している人が多いんじゃないの?

と、勝手に勘ぐる。

 

~昨日の夕食~

コロッケ、サラダ(きゅうり、トマト)、ところてん

~今日の夕食~

カツオが安かったので、カツオの刺身、昨日のサラダの残り、ところてん

連日、なぜか「ところてん」と「もずく」ばかり食べている。

ここ数日の食欲不振から、やはりさっぱりしたものが食べたくなるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

Save the earth!! ~私がエコバックを使うワケ~

もう一度。

「Save the earth!」

 

先日、私がたまたまエコバックを持っていた姿を、ゼミのSさんにチェックされ、

その後ふと感じたことを今日は書こうかと。

 

私はよくスーパーに買い物に行くときに、200704192327000

よくエコバックを持っていきます。        ちなみに⇒

 

どっかの景品でもらったのですが、

あらためて、書いてある文字を見ると・・・

「It's time to think about forest conservation!

Save the earth!」

と、デカデカと書いてありました。

「私は、地球を守っているんだ!!」と声高らかに宣言しているような文言ですが・・・

 

実は、私の場合は「Save the earth!」のためにエコバックを持っていっているのではありません。

小金井市の場合、ゴミを捨てるには有料で、これがえらく高いんですよ。

(20ℓ一枚40円!!)

高いゴミ袋をなるべく買わないようにするには、極力無駄なゴミを作らないことが一番。

スーパーでもらうビニール袋も、意外とかさばり、もらっても結局大量にたまってしまうので、スーパーにエコバックを持っていくのです。

そのために、私がエコバックを持っていくのは、

地球の環境問題よりも、自分の生活問題への意識の方が強いのです。

(同様な理由で、古紙のリサイクルも結構していますよ)

 

3年前まで、千葉市に住んでいたのですが、

千葉市の場合は、無料&基本なんでも燃えるゴミ(プラスチックもOK)という、なんともゆるい状況だったもので、そのときはエコバック、分別そしてリサイクルなんて頭の隅にもありませんでしたよ。(「とりあえず捨てときゃいいか!!」という発想)

 

ま、動機は違いますが、結果的に環境問題に繋がっているから良しとしましょうか。

 

~昨日の夕食~

まずかった「野菜ジュース入りカレー」を解凍。

味がこなれたのか、少しおいしくなっていた。

今日はそれだけ。

(あ、「ところてん」も食べたんだっけ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

近況。

のどの痛みが再発・・・

やはり、風邪がぶり返したようで。

(今回の風邪はどうもしぶとい)

今、ブログの更新をしておかないと、又数日更新が滞る恐れがあるので、とりあえずアップ。

 

~4月17日(火)~

閉店まじかのスーパーで、手巻き寿司が半額だったもので、なぜか大量購入。

また、いよかんが無性に食べたくなり、こちらも大量購入。

体調が悪くなると、むやみやたらに食べ物を大量購入するのは、いつもの悪い癖!!

なんか、備蓄しなきゃと思ってしまう。

(またもや反省)

 

~4月16日(月)~Shiomame

セブンイレブンで売っていた新商品「塩豆大福あんぱん」 を購入。

しかし、どこにも大福らしさが無く、「ただの塩豆あんぱんでいいじゃん!!」と軽く憤りを感じる。

 

 

~4月15日(日)~

カレーを作るものの、いつもは野菜(ほうれん草など)をミキサーにかけて、隠し味に入れていたが、今回は面倒なので、野菜ジュースを入れてみる。

何か妙な甘さで、どうも失敗な出来。

 

~それ以前~

スーパーで、「キムチ鍋のもと」が処分格安価格だったもので、大量購入。

数日、キムチ雑炊、うどん、ラーメンなどが続いた。

 

味!?

そんなもの、鼻がつまっていて味なんて分かるわけないじゃないの!!

 

以上、数日の夕食などの近況報告でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お知らせ。

一昨日から風邪をひいてしまい、体調が優れないもので、

どうもブログの更新が滞っている状況です。

誰も期待してはいないでしょうが、

とりあえず、後2日ほど新しいことを書かないと思いますので一応お知らせを。

  

昨日の夕食?

だいたい鍋焼きうどんばっかですよ~。

(ごはんものはどうも食べたくないんで)

これからも鍋焼きうどんでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日のテレビ番組。

今日のテレビ番組。

NHKスペシャル「松田聖子 女性の時代の物語」(午後10時~10時49分)

80年代以降の日本における、典型的な“アイドル”といわれてきた女性歌手“松田聖子”。
彼女の存在は、この四半世紀の日本の女性たちの価値観や、ライフスタイルの激しい変化を体現する一つの「シンボル」でした。
結婚や出産などを経ても引退せず、仕事に“走り続ける”彼女の芸能活動の軌跡は、同世代の女性達から圧倒的な支持を集めてきたのです。
特に、「自立」を目指して社会進出に挑んできた、40代から30代後半の“雇用機会均等法”世代の女性たちにとって、松田聖子的なライフスタイルは、一つの理想像と映っていると言います。
番組では、“松田聖子”の27年間にわたる芸能活動のなかで、初めてカメラがバックステージに入り、自ら作詞作曲に携わる創作活動、彼女の素顔や肉声といった「リアル」な“松田聖子”に密着すると共に、“松田聖子”の生き方に憧れる女性たちの人生にも迫ります。
また、インタビュアーに脚本家の大石静さんを起用。様々な作品で現代を生きる女性の姿を描き込んできた大石さん独自の目線で、「女性たちの偶像」としての松田聖子を解析し、「なぜそこまで支持を集め続けるのか?」同世代の女性たちの心模様をたどります。
この番組は、日本における「女性の時代」の27年を見つめる、新しいドキュメンタリーです。

(HPの番組紹介文より)

 

 

だってさ。

なんか90年代はじめごろに聞いたようなセリフですが、どういった内容の番組になるのか・・・

とりあえず、ビデオ予約をしておきました。

感想は後ほどに。

 

~昨日の夕食~

またもやホッケの干物(安かったもので)、サラダ(玉ネギ、みずななど)、納豆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

はた迷惑。

一昨日の出来事。

朝、学校に行くために、家を出ると、 

浅野史郎、ちゃっかり都知事選挙ポスターを、「白黒仏頂面」から「スマイリー顔」(青をバックに爽やか笑顔)に変えていましたよ。

やっぱり、前の白黒ポスターは不評だったのでしょうかね?

と、考えながら自転車を漕いでいると・・・ 

200704051018000  

 

 

 

 

 

 

ちょうどまさに、ポスターを変えた瞬間を目撃!!

中年のおじさんが、自転車に乗って、一枚一枚画鋲で貼っていました。

これを小金井市全体ですから、そりゃあ大変ですよ。(もしや何人もいるのかな?)

まったく、史郎ちゃん、事前にしっかり決めておかないから、こんなことになったんだよ!!

 

 

~昨日の夕食~

サバ(西京漬)、サラダ(きゅうりとトマト)、ご飯、味噌汁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさかこんなところで・・・

大学での、昨日の健康診断の一コマ。

 

最後に、今までの診断データを内科の先生が見て、いろいろとアドバイスをもらうのですが・・・

私のデータを見たおじいちゃん先生が、

「身長の割りに、体重がすこし重いね~。

あまりに幸せな人生を送っているんじゃないの?

と言われてしまいました。

 

そりゃあ、大学院に行って、親からも援助を受けている人生は、あまりに幸せな状況でしょうね。

ぐうの音もでませんでしたよ。

ただ「そうですね~。」と返答するしかありませんでした。

 

とりあえず、ダイエットをがんばりますよ。(できるのかよ?)

 

~昨日の夕食~

ホッケの干物、ご飯、みそしる、ナスを味噌で炒めたもの

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あっ、そういえば!

そういえば今週の日曜日、「東京都知事選挙」じゃないですか!!

まったく決めていなかった。

とりあえず、家のポストに入っていたマニフェストの冊子を見てみましたが・・・

別段、「この人に!!」という感じはないんだよね~。

  

私の場合、一番関係、関心のあることは、「雇用」(ニート、フリーター、ワーキングプアー)の問題ですが・・・

候補者のマニフェストは、大体、「福祉」(年金など)、「教育」が前面に出されているような。(後、オリンピックに関して、反石原かどうか。)

どうも、雇用の問題に対しての魅力的な政策が無い(誰も似たり寄ったり)もので、候補者の決定打に欠けるんですよね。

ま、でも、福祉と教育は、政治の基本ですよね。

若者の雇用なんて、二の次ですよ、やはり。別に、若者はすぐに死なないし(やばい、問題発言だ)

 

とりあえず、選挙には行きますよ。(めったに無いことですしね)

~今日の夕食~

家にあった乾麺のそばをゆでてヘルシーに。

(だって、明日、健康診断なんだもん。ささやかな抵抗。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~今日の夕食~

ラーメン(モヤシなど入り)とおにぎり

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラサクカ?

今日、大学の入学式に出席してきました。

新入学生にとって、これから始まる新生活に向けて、ワクワク反面ドキドキの日だったでしょうか?

でも、私の場合は、大学院内の進学だったもので、実質2回目の入学式。

そんなドキドキ感があるわけでもありませんでした。

 

単に行き慣れた場所だったからといえば、それまでですが、

やはり卒業式同様、大学の入学式に特別な行事の感覚をあまり持たないような気がします。

小・中学の入学式は、着席から挨拶の仕方まで、あんなに必死に練習したのに・・・

大学の入学式では、そんなピュアな気持ちは皆無に等しく、早く終わることを切望するばかりでした。

大学の入学式に対して、やる気が起きないのは・・・

入学式には必須アイテムの「紅白まんじゅう」が無かったから?

それか、市長などお偉いさんからの「お祝いの電報」が無かったから?

とにかく、大学の場合は、人数が多いので入学式にしても大規模すぎて、なんか所属したって感覚が乏しいのかもしれません。

(今回はまとまり無いな~)

 

 

~今日の夕食~

昨日に引き続き、スパゲッティー(きのこクリーム味)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

~今日の夕食~

ミートソーススパゲッティー(ベーコンとミックスベジタブルを炒めたものと、ミートソースの缶を合わせたもの)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三低だってさ!!

現在、男性に求める条件に「三低」って単語があるそうです。

・低姿勢(レディーファースト)

・低リスク(安定した職業)

・低依存(束縛せず、お互いの生活を尊重)

な男性だそうです。

(勉強会では、間違ったことを言ったようで。m(_ _)m )

バブル期に流行った「三高」(高学歴、高収入、高身長)とはえらい違い。

男性にお金を求めるか、安心、やさしさや非干渉さを求めるか、といったところでしょうか。

「本当にそうかよ??」などと、勘ぐってしまいますけどね!

詳しくは、http://allabout.co.jp/relationship/love/closeup/CU20040515A/ 

に書いてありました。

 

ところで、今日、「BSドキュメンタリー 青い鳥をさがして~北京・結婚しない一人っ子たち~」(BS1)なる番組を見ました。

中国でも晩婚化が進んでいるようで、30代になっても結婚しない子供(20代~30代の「一人っ子政策」以後の子)を心配して親が躍起になっている様子を伝えていました。

北京では、週末になると公園に、独身の一人っ子を持つ親がプラカード(学歴、どういった家庭環境か)を持って、子供に代わってお見合い交渉をしているんだとか。

やはり、具体的に親が子供の相手に求める条件は、学歴(安定)、収入、出身地、家庭環境、家事ができるかなど・・・

ま~、国が違えど、条件は似たり寄ったりで。(でも、中国の場合は、ルックス、身長はどうなんだろうか?そこんところがよく分かんない)

一人っ子の場合、なんでも親にやってもらう環境で育ったそうで、結婚までも親に任せてしまうんだとか。

そういった(親の)理想の結婚に向かって、相手を探してもなかなか良い相手が見つからないのが現状だそうで。(そりゃそうだよ) 年々、理想ばかりが高くなってしまうとか。

必ずしもそうでは無いでしょうが、100回以上お見合いしても相手が見つからない例も紹介されていた。

 

でも、とかく恋愛関係は、↑のように簡単に分類できるとは思いませんし、当人の問題、好みなんだから、当人に任せときゃいいんじゃないんですか?

と、独身の私は感じてしまいました。(親になったら違うのでしょうかね?)

 

~今日の夕食~

コンビニ弁当(完全に手抜き)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »