私の感想 ①「クリスマス・キャロル」

ここ数ヶ月忙しくて更新できませんでした。
とりあえず、読んだ本の感想をUPしていきます。

時期的に完全にズレてますが・・・
ディケンズ『クリスマス・キャロル』(光文社古典新訳文庫、2006)

十九世紀、工業化が進んで都市人口が膨れ上がったイギリスでは、労働者が年末にゆっくり休暇を楽しむ条件は与えられず、また、各地から流入した新興市民がそれぞれに郷土の風習を持ち寄ったため、かつての大らかな祝祭は影をひそめた。
特に、地方の大地主など、支配階級がこの時期ばかりは上下の隔てを取りはらって、小作人や使用人らとともにクリスマスの喜びを分かち合う習慣がすたれ、そんな時代の流れを嘆く声が次第に高まっていた。
ディケンズがそれを踏まえて作中に古来の習慣を再現したのがフェジウィグの舞踏会である。                                                                                  訳者あとがき p189

 

ディケンズの活躍した19世紀のロンドンは、まさに都市の人口が急増した時期でもありました。
19世紀はじめに約86万人だったのが、その後の100年で約420万人にも膨れ上がっています。
田舎の少数で限られた人間関係とは違って、
いろんな所から都市へとやってくる人の大量流入は、言葉、習慣、考えなどがまったく異なる見知らぬ人々がゴミゴミと暮らす状況をもたらしました。

 
そのことを見誤ると・・・
悪いおじいさんが改心する感動話としか映らないでしょう。
感動話よりも、
ディケンズは、都市化していく社会に対しての批判や、伝統が廃れていくことへの危惧を言いたかったのかもしれないと、今回改めて読んで感じました。

作品中に出てくる「フェジウィグの舞踏会」では、クリスマスくらい金持ちも貧乏人も身分の階級無く、自由にダンスをし、美味しいものを食べて楽しむ様子が描かれています。
クリスマス商戦でにぎわうアメリカや、浮かれさわぎの日本の様子を、ディケンズが見たらはたしてどう思うでしょうかね?

クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫) Book クリスマス・キャロル (光文社古典新訳文庫)

著者:ディケンズ
販売元:光文社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (27) | トラックバック (0)

5年ぶり。

先日、証明書を取りに5年ぶりに大学生時代に所属していた大学に行きました。

5年ぶりだからさぞかし街の様子も変わっているんだろうな~、と思ったら、
私の住んでいたアパートも、近所の床屋も、あの八百屋も、そこのコインランドリーも・・・
なにもかも変わっていませんでした。
拍子抜けです。

まっ、5年で変わったのは、
大学法人化をしてぼろかった棟内が改装され、職員さんの対応がすこぶる良くなったことぐらいでしょうか。
法人前は無言で応対してもらったものです。今となってはその形もありませんが。

私は5年でどう変わったかというと、
大学生の時に気になっていたのに一度も入れなかったあやしい料理屋に、一人で平気に入ることができたことぐらいでしょうか?

などと思いつつ、駅のホームで電車を待っていると、
盲人の方が電車に乗れなくて困っていました。
正確には、乗車口前に立っていたけれども、電車が乗降口から2メートルほどズレて停止したために、
目の前にドアが無く、困っていました。

発車しそうだったので、私が思わず腕を引っ張って乗車させましたが、
なんかもっと良いやり方があったのでは、と反省もしました。(何事も無かったのですが・・・)

201002031707000よくよく見ると、駅のホームには点字ブロックがあります。
ただ、肝心の乗車口前に「ここが乗車口ですよ」という印が無いので、
まったくどこから乗ったらいいか分からない作りになっています。
あの人はどうやってその乗車口を見つけたかは不明ですが、
乗車口から少しでもズレたら、盲人の方にとってはアウトなわけで・・・

そう考えるともっと何か良い方法があるのではないか?とも思いました。
駅員さんが案内するとかさ。

と、いろんなことを考えた一日でした。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

講義。

なかなかうまくいかないものです。

これが一番の感想です。
講義は、一朝一夕にはうまくなりませんが、他人に伝えることの難しさを感じました。

今日、大学の学生向けの講義があり、私が担当しましたが・・・
いろいろ反省することがあります。

ま、全体的に内容が単調になり、学生はつまらなく飽きたものになったと思います。
(現に多くの人が寝ていたし、話していた人もいたし・・・)
もっと注目させるやり方があったと思います。

後、何度も気をつけても、前(学生の方)を向いて話すことができないのも私の悪いところです。
前を見るとどこに視線を定めたらいいのか分からなくなり、どこかあさっての方向に目線を逸らしてしまいます。

次回あった時は、その点に気をつけていきたいと思います。

以上、感想終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

発表。

おととい、ある研究会で、「原宿・代々木公園のストリート・パフォーマンス」について発表しましたが・・・

まあ、結果は言うまでもなく、十分なものとは言えなかったと思います。
発表の内容よりも、発表の仕方や伝え方に難がありました。

いろいろ原因はありましたが、1つだけ。
私の中で何回も話していて当たり前になっていたことは、発表を初めて聞く人にとっては未知のことであって、そのことをきちんと丁寧に説明すべきだったと思いました。
なんか基本的なこと(問題意識など)をしっかり伝えていたら、また伝わり方も違ったかもしれません。

下準備でここ数ヶ月忙しかったので、1ヶ月くらいは代々木公園について見たくも無かったのですが、
今日(2009/11/30)の東京新聞(朝刊)にデカデカと「竹の子族」についての特集記事がありました。
「ブティック竹の子」はまだあるのは知っていましたが、高円寺の「マジカルカフェ」というところで当時踊っていた人(40代くらい)がまだいるんだとか!!

神様は、私にまだ原宿・代々木公園のことについて書けというのですか!!
というのは冗談で、
おもしろそうなので、とりあえず落ち着いたら一度は覗きにいってみたいと思います。

最後に1つだけ。
今回の発表で何回か代々木公園に行きましたが、ストリート・パフォーマンスの数が以前より(2006年)も少なくなっているような。
以前は、バンドのギターがうるさい中で、公園で憩いのひと時を過ごす人がいる、といった
なんか変な空間な印象でした。

やはり、最近は静かになったような気がします。
今寒い時期だからということもありますが、公園管理の人が「代々木公園は利用者にとって快適で安全な憩いの空間として再生しつつある」(住吉泰男「東京オリンピック関連公園のその後―代々木公園」、『都市公園」2008年3月号)とコメントしてるように、ホームレスも、露店も、ストリート・パフォーマーも無くなっているのかもしれません。

(ちなみに、日曜日だけなのか、代々木公園の原宿口ではロックンローラー族も露店も時々います)

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治の話 ①

政治の話が無いと言われたので、政治のことについて思ったことを書きます。
今やっている行政刷新会議の「事業仕分け」を見て、感想。

鳩山首相がこの事業仕分けに関して、「聖域なき見直しをするように」と言っていましたが、本当にそうしていますか?
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn/20091118/20091118-00000773-fnn-pol.html

民主党の考えややり方の是非は置いといて、
やはり、無駄をなくすと偉そうに言っている以上、国会議員の数と彼らの給料や待遇もそれなりにスリム化すべきだと思いました。
そこも聖域なんではないんでしょうか、鳩山さん。
あの会議の時に、「国会議員もあんなにいらないんじゃないんですか?削りましょうよ。」と、口やかましいあの女性に言ったら、はたして何と答えたでしょうか。

よく、地方で知事や公務員の給料を削減し、人員整理していますが、
ああしないと財政破綻してしまうわけで。
一方、国は破綻しない(破綻しそうな膨大な借金はありますが・・・)という安堵感からなのか、身内の国会議員に対してはけっこう甘いですね。
衆議院一人あたり、月約230万、年約2760万。(その他もろもろの補助を含めると・・・)

で、国民として。
選挙権を使えるといっても、○○党が嫌い、あの立候補者が嫌い、あのマニフェストがいい・・・
と、個別のことは選べても、
根本的なこと(国会議員の数など)については、私たちが意見を言っても改善してもらうことはできないようです。
「国会議員の数を減らします!!給料減らします!!」なんてマニフェストを高らかと掲げるお人よしで正直な国会議員はいませんね。だって、数や給料を減らしたら自らの首を絞めることにもつながるんですから。

「国会刷新会議」なんて開くわけないですよ。
自分に甘く、他人に厳しくです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«都会と田舎 「N.Nという人生」